チャットレディの面談は厳しい?初心者のあり方とは

チャットレディ希望者・初心者必見!収入倍増のコツ丸わかり!

面談も履歴書も必要なし。ネットに登録するだけで準備完了

チャットレディをはじめるのに、わざわざチャットレディ専門の事務所に行って面談を受けたり履歴書を提出したりする必要はありません。

インターネットで検索すると、チャットレディ専門のサイトがたくさん出てきますから、概要や報酬などの条件を比較して、自分がいいなと思うところに登録すればいいだけです。

自宅で行うか、それとも勤務を選ぶかも自分で選択できます。チャットにはカメラを使いますから、部屋の一部でも見られたくないとか、時間のメリハリをつけたい、同居する家族や夫には内緒という方は勤務を選びます。

都合のいい時間を入力して、希望の勤務地に通ってください。自宅で行う人は、カメラをセッティングし、バックに映ってもいい場所にパソコンを移動するくらいでOKです。窓際など物音のしない場所がおすすめです。

リラックスして、地のままで接した方がウケが良く長持ちする

初心者でどのように会話すれば良いのかわからないという人は、電話かメールで、事前に所属する会社からアドバイスを受けましょう。

特別にむずかしい指導やマニュアルが存在するわけではないので、指導といっても「あなたの「キャラクターのままで」とか、「堅くならずに自然体のままで気楽に接してください」と言われる程度です。チャットレディというのは、ある意味でキャラクター商売であり、役者のような一面もあったりする仕事です。

キャラクターは個性ということですが、無理につくる必要はなく、地のままで接した方がウケる場合が多いです。自然体のほうが疲れず長持ちできます。初心者として、こうあったらいいと思うような事柄をまとめました。

チャットレディとして喜ばれる基礎づくり

  • 自分の好きな分野、得意な分野を自分で再確認しておく。
  • 好きな分野を少しだけ掘り下げておく。
  • 好きな分野以外にも、話題性には強くなっておいたほうがプラス。
  • 客がリピーターになりそうだったら、少しだけその分野を勉強してみる。
  • 知っていても、知らないふりをしたほうがモテる。
  • 「ごめんね」、「ありがとう」は上手に。表情をつけて何通りかレッスンしておく。