自然体で客に接するのはそんなに悪いことなの?

チャットレディ希望者・初心者必見!収入倍増のコツ丸わかり!

素のままで接していたら3ヶ月でリピーターがゼロに

チャットレディの業界では、「お客様とは自然体で」とか「個性を大事にして」といった言われ方を良くします。

しかしそれは、自分ではないキャラクターを無理に演じる必要はないといった意味で、自分のやりたいように、言いたいようにして接すれば良いということではありません。

言葉の本意をうまく理解できなかったせいで、大失敗した例と、しっかりわきまえて仕事に臨んだ例で、明暗がくっきり分かれた事例があります。素のままで客に接してしまったAさんは、もともと「自由」に憧れてこの仕事を始めたそうです。

そこまでは良かったのですが、ときにはせっかく遊びに来てくれた客に、無愛想な態度をとったり冷たい受け答えをしたり、眠たい、寝たいなどと、自分のその時々の感情をそのままぶつけていたと言います。

チャーミングな顔立ちから最初の頃はウケが良かったのですが、開店から3ヶ月でリピーターが皆無になってしまったそうです。

ビジネス書を読破。小さな努力が会社でトップ3の実績に

その一方で、接客・接待術、コミュニケーションの取り方などのビジネス書を読みあさり、聞き上手に徹するなど、チャットレディのあるべき姿を必死にマスターして頑張ったBさんがいます。

最初は客の評価もまずまずといった程度でしたが、半年・1年がすぎた頃には、その会社に所属するチャットレディの中で、第3位になるほどの成績(月収180万円)を収めたそうです。

この明暗はどこで分かれたのでしょうか。厳しい言い方をすれば、チャットレディの商売道具は、言葉と表情・仕草、相手の客を思いやるココロの3点セットがすべてです。接客業の基本中の基本であり、チャットレディにはきれいな服も必要なければ、毎週・毎日、美容室に通うような出費も必要ありません。

ほとんどランニングコストのかからない職業なのに、そんな小さな努力もできないというのはショックです。

少しの意識転換で、売上げは天地の開きを生みます。挫折しそうな人でもまだ間に合います。もう一度気を取り直して頑張りましょう。