ノンアダルトのチャットレディは物知りじゃないとダメ?

チャットレディ希望者・初心者必見!収入倍増のコツ丸わかり!

客である相手よりも“詳しくならないこと”のほうが大事かも

チャットレディのノンアダルトは、話題豊富であるのが絶対条件かといえば、必ずしもそうとは限りません。

基本的には芸能系を知っている、テレビのニュースやネット上での話題には明るい、ワイドショーも好き、「あの芸能人、離婚しちゃったね!」、「優勝したんだって、スゴいね!」という程度の会話ができれば第一段階はクリアです。

あまり専門ネタにこだわるよりも、相手の懐に入っていって、うまく会話をつづけていくほうがウマくいきます。たとえばある客は、スポーツにオタク的な感心があって、その話題で盛り上がりたいと思っているとしましょう。

もしチャットレディがその事柄を勉強して、相手と同じ土俵に上ってしまったら興ざめされてしまいます。その客はおそらく、チャットレディであるあなたに聞いて欲しい、共有して欲しいという気持ちから訪問してきています。

専門性を身につければ逆に相手の自尊心を傷つけることもあります。

熱心に聞いて大きくうなずく、たまに質問。聞き上手がベスト

話し上手よりも聞き上手という言葉があります。人間の口は1つですが耳は2つあります。 そのことからもわかるとおり、話し好きは敬遠されることが多く、聞き上手には多くの人が慕って集まってきます。

チャットレディという商売もまったく同じです。聞き上手とは、「興味深く熱心に聞く」、「大きくうなずく」、「驚いてみせる」、「たまに身を乗り出すようにして質問する」といったような仕草と言葉をうまくコントロールできる人です。質問のタイミングは、相手の話が一段落したあと、相手が答えられる範囲の質問をして、興味深く相手の答えを待つのがベストです。

熱心に聞いて、タイミングを探りながら頭の中で質問を考えておきましょう。それが盛り上がる会話の手始めです。

芸能界でも、トーク番組で長寿を誇っているのは、ホストが物知りだからではなく、聞き上手だからです。たまにボケてみせるのも、かわいい女子の条件です。聞き上手であるほうが自分も楽で、相手のことをたくさん理解できます。